Boros Collection ベルリンの美術館

_DSF5086

もともと第二次世界大戦中にシェルターとして建てられた建物がその後テクノクラブになって、今はアートコレクターのBorosが買い取り、現在はBrosのコレクションが建物いっぱいに詰め込まれた美術館になってる。

普通の美術館とは違って、すべてガイド付きのツアーになっていて、予約しないと美術館に入れない。

 

_DSF5061

コンセプチュアルなインスタレーションがほとんどで、ガイドがいるので全部説明してくれる。建物の中は広くて5階まである。

 

_DSF5065

 

_DSF5066

黒い雲。黒のタイヤのチューブがぶら下げられている部屋。中に歩いて入っていけておしくらまんじゅうみたいでこれは楽しい。

 

_DSF5073

ポップコーン製造機。本物のポップコーンで部屋にはいると匂いがする。見ている間もどんどんポップコーンが作られていた。

 

_DSF5075

アイウェイウェイの木のスカルプチャー。

 

_DSF5076

3つの部屋にまたがって覗けるパイプ。

 

_DSF5082

木が伐採された直後から今でまる2年間吊り下げられてグルグル回ってる。2年前は葉っぱも緑だったらしい。

 

boros collection

部屋一つ一つに特徴的なインスタレーションがあって、面白い場所だった。
他にはWolfgang Tillmansの写真もいっぱいあった。

 

 
その他ベルリン旅行

ワールドカップドイツ戦のパブリックビューイング

Boros Collection ベルリンの美術館

自転車でベルリン散策、バウハウス美術館など

ベルリンの壁 East Side Gallery

ホロコーストメモリアル

クロイツベルクのスクワッターとジプシー

Tempelhof park 空港跡地の公園

Tempelhof park community garden

ベルリンのストリートアート

投稿日: 作成者: junichi

Boros Collection ベルリンの美術館 への3件のコメント

  1. ピンバック: ベルリンのストリートアート | Photo Blog

  2. ピンバック: Tempelhof park community garden | Photo Blog

  3. ピンバック: ベルリンの壁 East Side Gallery | Photo Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。